Browsing all articles tagged with 真備
8月
25

1000人の金田一耕助でオススメのホテル・旅館

写真 2012-12-03 7 16 01

今年の1000人の金田一耕助の11月22日もだんだんと近づいてきました。倉敷市の金田一ページも更新され今年度の申し込みフォームができています。

最近「倉敷 金田一 宿」と検索されてブログを訪れる方が多いのと、イベント時に皆さんどういうふうに動かれるんですか?と聞かれたので、巡・金田一耕助の小径イベントの1000人の金田一耕助と金田一耕助学会に参加される際の皆さんの行動とオススメの宿泊先をまとめておきます。

まずいつもの流れは次のような感じ。

1日目

12:30までに清音駅集合(着替えがある方はお早めに)

1000人の金田一耕助イベント実施

16:00に終了後に

●意見交換会(という名の二次会。お酒は出ないけど)に行く方は連れ立って真備町公民館岡田分館まで移動(徒歩10分程度)

●そのまま帰宅されるまたはホテルに戻られる方は案内についてミステリーロードを歩きながら川辺宿駅まで移動。この時に了然和尚・森美也子・巴御両人の像が見れます(徒歩20分程度)

17:00からの意見交換会終了後

●真備町内にて3次会に行く方は乗りあわせてタクシー利用

●そのまま帰宅またはホテルに戻られる方も清音駅まで乗りあわせてタクシー利用

(それぞれ意見交換会の時に希望を聞いてまとめて行けるように手配)

真備町内で3次会をされた皆さんは23時ごろから倉敷市内に戻られて4次会へと流れこみます(噂では3時とか4時まで。元気ですねぇ……)ここで先に戻ったホテル組と合流したりします。

2日目

●学会参加者は9時の受付に間に合うよう清音駅に来られるので、だいたい同じ電車。そのためタクシーに乗りあわせて移動されるようです。

●学会に参加されない方は倉敷美観地区観光を楽しまれたり、真備町にて1日目に見ることが出来なかった残りの像や歴史館を見学したり、岡山県内の金田一ロケ地(広兼邸や満奇洞)を巡ったりとそれぞれ楽しまれています。

と、だいたいいつもこんなスケジュールです。

真備町内にホテルや旅館は無い

真備町には宿泊できる場所がありません。伯備線清音駅からひと駅先の総社にも宿泊場所はありますが、便利なのはひと駅戻った倉敷駅前のホテルや旅館。

倉敷駅周辺は有名な観光地の美観地区があるのでホテルや旅館は選ぶほどあります。しかし秋の3連休にあたるため予約は早めにされたほうが良さそうです。

参加者の方がよく利用されている比較的安く泊まれるホテルをいくつかご紹介します。(僕は地元なので泊まったことが無いので、書かれている感想は聞いたものです)

続きを読む

2月
13

春の金田一耕助誕生の日記念「獄門島座禅の集い」

「春の金田一耕助 誕生の日(4月24日)」を記念して、金田一耕助を楽しむ集い「きんでーち(金田一)会」は、2013年4月27日(土)、横溝正史の小説『獄門島』とゆかりの深い千光寺(倉敷市真備町岡田846)で『獄門島座禅の集い』を開きます。

千光寺で座禅体験、ならびに同寺を描写している小説の内容について、同寺の山本道雄(どうゆう)住職に指導・解説してもらいます。参加自由、無料。

※「春の金田一耕助 誕生の日」とは、戦争末期から3年余、倉敷市真備町岡田に疎開していた探偵作家横溝正史が、1946年(昭和21年)4月24日、連載執筆中の「本陣殺人事件」で新たな登場人物として金田一耕助を誕生させたと、「桜日記」に書き記していることに由来します。

 

日 時 2013年4月27日(土)午後1時半~3時半

場 所   倉敷市真備町岡田846   曹洞宗医王山千光寺

主 催 金田一耕助を楽しむ集い「きんでーち(金田一)会」

(086-221-2075)

キンドルで読む横溝正史 金田一耕助ファイル 3 獄門島 (角川文庫) キンドルで読む横溝正史 金田一耕助ファイル 3 獄門島 (角川文庫)
横溝 正史

角川書店
売り上げランキング : 2141

Amazonで詳しく見る

獄門島総劇伴集 獄門島総劇伴集
田辺信一

富士キネマ
売り上げランキング : 36809

Amazonで詳しく見る

獄門島 (あすかコミックスDX―金田一耕助ベスト・セレクション) 獄門島 (あすかコミックスDX―金田一耕助ベスト・セレクション)
横溝 正史,JET

角川書店

Amazonで詳しく見る

7月
7

巡・金田一耕助の小径
「1000人の金田一耕助 2012」

 

倉敷市に「巡・金田一耕助の小径」という観光イベントがあります。
毎年、金田一耕助に関わる様々な催しを倉敷市真備町を中心に行なっています。

なぜ倉敷市で金田一耕助?

実は倉敷市真備町は昭和20年4月から3年半、金田一シリーズの作者「横溝正史」が疎開していました。横溝は疎開先の真備町で金田一耕助初登場の「本陣殺人事件」を執筆。
つまり真備町が金田一耕助「誕生」の町なのです。

本陣殺人事件の舞台は岡-村となっていますが、これは横溝が疎開した当時の「吉備郡岡田村」そのもの。町には本陣殺人事件を始め横溝作品に出てくる地名や人物名、モデルにした風景が数多く残っています。

関連記事:倉敷と金田一耕助 倉敷市観光WEBサイト

 

1000人の金田一耕助

この「巡・金田一耕助の小径」で行われる催しの中に「1000人の金田一耕助」という扮装イベントがあります。
金田一耕助や横溝作品に出てくる人物に扮装し、「本陣殺人事件」の舞台、倉敷市真備町を巡るとういもの。

扮装までしてと言ったらコアなファンしか集まらないのでは?と地元の人間としても思っていたものです。

1000人の金田一耕助 2009

そして行われた第一回がこちら。 続きを読む

Follow us on Twitter! Follow us on Twitter!
@osm4

人気記事トップ10

最近の投稿

カテゴリー

ブログロール

タグ

  • SEOブログパーツ

あわせて読みたい
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ