7月
19

LUMIX LX7発表!LX5が買い時!

Author おさむし    Category カメラ, デジタル, 情報     Tags ,
パナソニック、F1.4からの大口径ズームレンズ搭載
「LUMIX DMC-LX7」を海外発表
同社が2010年8月に発売した「LUMIX DMC-LX5」の後継と見られる製品。レンズが大口径化した。35mm判換算の焦点距離は24-90mmと全モデルを踏襲したが、明るさは従来のF2-3.3からF1.4-2.3になっている。(デジカメWatch

 

6340456573_8185feffca

(↑LX5後継機の予想図)

 

パナソニックからLX7の発表されましたね~。

LX3の発売が2008年8月、LX5が2010年8月、順調に2年毎に新機種を投入しています。

マイクロフォーサーズのミラーレス機に力を入れているPanasonicはもう高級コンパクトデジカメのLXシリーズは出さないのではないかなんて噂も流れていました。

 

確かにここのところパナソニックは本社の人員を削減したりと良い話を聞かないので、僕もムダを省くために開発中止かと思っていたところです。

 

一方で時期LXは1インチの素子を搭載か!などの噂も流れ、やはり待っているファンは居るんだなと。

 

今回は素子こそ1/1.7ですが、レンズの明るさを示すF値が1.4~2.3。これだけ明るいと室内で撮影しても明るく手ブレしないで写りそうです。

 

実は春にLX3が故障、LX5が安くなっていたので買い換えたばかり。

まぁこれで1インチの素子を投入されていたら悔しかったですが、今の段階では「まぁ安く買えたからいいか」と納得できる感じ。

 

LX5が買い時かも!

そういう意味では前機種のLX5が買い時です。LX7の大幅な変更はレンズの明るさくらい。LX5でもF値は2からというコンパクトデジカメの中では明るいほう。

解像度はどちらも1000万画素でズーム幅も同じ。今時1000万画素じゃ少ないと感じるかも知れませんが、実は画素が多ければ高画質というのは間違い。光を受け取る映像素子のサイズは同じなのに、1000万画素と2000万画素を簡単に絵にすると下のような感じになります。

 

gaso

 

光を感じるセンサーが2000万の方が増えてますが、一個一個のサイズは1000万のものより小さくなってますよね。小さくなると構造も複雑になるので電気的なノイズも乗ってきて良い事ばかりでは無いんです。

 

普通のL版の写真サイズで出力するなら300万画素でも十分。(僕が予備に使っているカメラは400万画素だけどいい写真が撮れます)

 

他の機能に関しても高級コンパクトデジカメだけあって2年前のLX5でも今のデジカメに負けず劣らずです。

 

LX5も発売当初は5万円を超えていたので、LX7の価格もおそらくそれくらい。

でもLX7が出た今、LX5がかなり値下がりしています。

 

 

ここいらでカメラに凝ろうかなと思っている方、まずは入門にLX5の購入を検討されてみてはいかがですか?


コメントの投稿

トラックバック
Follow us on Twitter! Follow us on Twitter!
@osm4

人気記事トップ10

最近の投稿

カテゴリー

ブログロール

タグ

  • SEOブログパーツ

あわせて読みたい
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ