1月
23

釣り用UVライトを自作の巻(1)

Author おさむし    Category 情報, 釣り     Tags , , ,

釣りをされる方はご存知と思いますが、ワームにはグローカラーと呼ばれる蛍光剤の混ざったものがあります。

主に夜釣りにおいて効果を発揮するのですが、蛍光剤といえども光を当ててやらなければ自ら光ることはできません。

蛍光灯やLEDライトでもいいのですが、実は蛍光剤は紫外線を吸収して光るのでUV(紫外線)ライトを当てるとよく光ります。

「メバピカ」など、紫外線が出るLEDライトが市販されています。

プロックス(PROX)LEDソーラーUV蓄光器3灯ブラック プロックス(PROX)LEDソーラーUV蓄光器3灯ブラックプロックス(PROX)

Amazonで詳しく見る

プロックス(PROX)弐作目 LED根魚権蔵UV蓄光器 PX899 (ブルー) プロックス(PROX)弐作目 LED根魚権蔵UV蓄光器 PX899 (ブルー)プロックス(PROX)

Amazonで詳しく見る

オフト(OFT) メバピカ UV11 オフト(OFT) メバピカ UV11オフト(OFT)
売り上げランキング : 67173Amazonで詳しく見る

これを購入して思ったのは、100円ショップに売っているモノで作れるのでは?ということ。市販のライトは800円前後のものが多いですが、100円ショップで材料を揃えれば安上がり。

極力安くUVライトを作成

早速実践してみます。まず購入するのは

ステーショナリー マジカルライトペン ステーショナリー マジカルライトペンアーテック
売り上げランキング : 3812Amazonで詳しく見る

「シークレットペン」透明なインクで文字を書きUVライトで浮かび上がらせるペン。100円ショップの文具コーナーに売っています。これだけでも十分UVライトとして使えるのですが、ライトの部分はキャップと一体化しているので持ち運びにも不便。そこでLEDライトを購入。

P1030563僕はこの形のライトを買いました。

基本的にはペンのLEDが一灯なので、一灯ならどんなのでもかまいませんがスティックタイプのものなどは分解しにくいものがあります。(実はバラせなくて放置したスティック状のライトが一つ

その点平べったいモノは作りがシンプルなので改造しやすい。

以上2点、200円でUVライトを作っていきます。

続き 釣り用UVライトを自作の巻(2)





コメントの投稿

トラックバック
Follow us on Twitter! Follow us on Twitter!
@osm4

人気記事トップ10

最近の投稿

カテゴリー

ブログロール

タグ

  • SEOブログパーツ

あわせて読みたい
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ