2月
8

展示品処分の液晶テレビは買い?

Author おさむし    Category 情報     Tags

tv

周りに地デジ対応液晶テレビを買う人が多くなってきたので、昨日情報収集に家電販売店に出向きました。

他の売り場では店員がすぐに話しかけてくるのに、テレビコーナーは全然話しかけてきません。本気で買いに来ている人が多いので、店員から声をかけなくても売れるのでしょう。

さて、液晶テレビは春と秋に新製品が出ることが多いようです。決算期のこの時期はそれもあって、「展示品処分」が広告にズラッと並んでいます。

この展示品、値段は安いようですがはたしてお得なのでしょうか。僕の独断と偏見で考えてみます。

液晶は高性能ですが、もちろん寿命があります。正確には液晶のバックライトである蛍光管の寿命がそれにあたります。だんだん暗くなったりするんですね。最近はバックライトにLEDを使用しているものもあるので、高寿命にはなっていると思いますが。

この寿命、メーカーによって様々ですが、だいたい60,000時間とかいいますね。6万時間というと一日24時間テレビをつけっぱなしにして2,500日。約7年ですね。まぁ一日中テレビをつけっぱなしている人もいないでしょうから、見る時間を半分としても14年。

結構長い間もつような気がします。実際にはバックライト以外の部品が壊れて使用できなくなることのほうが多いでしょう。メーカーの部品ストックが製造打切り後7年くらいと考えると14年もたせるのも大変な気がします。

展示してあるテレビは電気屋さんが開いている時間、ずっとつけっぱなしです。先程述べたバックライトの寿命で考えると、例えば毎日12時間つけていて半年間展示されているとすれば2,190時間。60,000時間のうち3~4%です。

ただ、電気屋さんに並んでいるテレビは映像の鮮やかさを見てもらうため、標準画質ではなく鮮やかな画質にしてあるので、多少寿命が短くなると思います。

バックライトの寿命で考えると、たいしたことはないですね。でもその他の部品もずっと動いているので、通電劣化も考えられます。

その辺りを考えると、7年もてばOKで壊れたら買い換えると割りきって展示品を安く買うか、使えるまで使い切ることを考え新品を買うか、そんな感じになるのではないでしょうか。

最近はどこも長期保証で5年くらいは無料で修理できますしね。

我が家にあるブラウン管は91年製。実に20年も壊れず動いています。個人的には液晶テレビにもここまでの耐久性を期待して新品が欲しいです。

   
【エコポイント対象】SHARP WIDE32V型 地デジ対応ハイビジョン液晶テレビ“AQUOS Dシリーズ”LC…
DVDディスクやリモコン等をすっきりまとめることが出来ます液晶テレビ上のせラック ATU-20
テレビの転倒を防ぎ、貴方の大切な人やモノを守ります!薄型TV転倒防止具 40型 TM501/K


コメントの投稿

トラックバック
Follow us on Twitter! Follow us on Twitter!
@osm4

人気記事トップ10

最近の投稿

カテゴリー

ブログロール

タグ

  • SEOブログパーツ

あわせて読みたい
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 倉敷情報へ